国際線

飛行機・国際線~初めての子連れで国際線~

投稿日:


小さい子どもとのフライト体験記

1歳5か月の子どもを連れて、先に海外赴任した夫の待つアメリカに向かいました。
引っ越し、荷造り、渡航準備。最後の大きな砦、それは長時間の子連れフライトでした。

【人生初のビジネスクラス・・・だったのに】

子どものいない旅では、飛行機に乗る時間も楽しみなのですが、1歳児とのロングフライト、何をいったいどれほど準備して飛行機に持ち込めばいいのやら。当時、私が飛行機に乗り込む手荷物の中に準備したものが、

・おやつ(大きな声をださないように、ラムネやキャンディも多めに入れました)
・おもちゃ(100均ショップなどで、楽しめそうなおもちゃを多めに準備)
・食物(事前にベビーミールを頼みましたが、子どもの月齢や好みに合うとは限りません)
・抱っこ(おんぶ)ひも(わが子はおんぶでゆらゆらすると寝たので)
・おむつ(飛行機の中でもいただけるようですね)
・着替え(機内暑い?寒い?汚すなど想定すると多くなりますね)
・かぜぐすり

などなど、色々詰め込んだバッグの重さ10キロに、出国直前まで使っていたバギーを押して広すぎる成田空港。旅気分も味わいたく、免税店にもふらふら立ち寄ってると、ゲートまでがやたら遠く時間も気にして走って向かうと汗だくになった記憶があります。

会社より2席分のビジネスシートを準備していただいたにも関わらず、子どもは私の膝やおなかの上に乗って遊んだり、シートのリクライニングを上げたり下げたり、すべり台のようにして滑らせたり。じっと座っていることが難しいので、頻繁にトイレに行って手を洗ってみたり、機内をお散歩したりして時間をつぶしました。
大きな声を出したり、ぐずったりするとこれまた周囲のビジネスマンに気をつかい、離席。
ああ、ワイン飲んで映画を見れる優雅なみなさまがうらやましいのでした。
約11時間のフライト。私は1時間も眠れず、で朝食が出てきました。
<みんちる/40代/女児10歳/アメリカシカゴ5年>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-国際線

Copyright© 海外生活応援団 , 2018 All Rights Reserved.