アメリカ 日本から持っていきたいもの

<初めての海外生活>日本から持って行っておいたほうが良いものって何?子どもの洋服や靴など

更新日:


子ども用のパンツ(ズボン)

欧米と日本、国によって大人の体型が違うように、子どもの体型も違います。
したがって子供服のサイズも微妙に異なります。
特にパンツは、丈がOKでもウエストが大きかったり、ウエストがOKだと全体がやたらピチピチだったり。
ウエストにアジャスターが付いているタイプなら問題ないのですが、どの商品もついているとは限りません。

school04

あともう一点は素材です。
日本は「子どもの動きやすさ」を重視してストレッチ素材の商品が一般的ですが、海外ではそういった商品が見つからない場合も。全くストレッチしないパンツも多く売られています。

もし、日本でお気に入りのパンツがあったら、成長を見越して少し大きめのサイズも購入して持っていくことをお勧めします。
女の子の場合、好みがどんどん変わりますので「こんなデザイン着たくないっ」とならないよう、その点も注意して買いましょう。

子ども靴

日本の子ども靴は子どもの発達に合わせて、着脱しやすかったり、靴底が柔らく歩きやすい仕様になっていたりします。
でも、海外のものはそうとは限りません。

とても小さなサイズなのに紐靴だったり、
靴底が厚くて固いものだったり、
ホールド部分の少ないサンダルだったり。

「大人が履かせてあげればいい」場合もありますが、本人にやらせることを重視するのであれば、日本の着脱のしやすいものを購入することをお勧めします。

(スニーカーでしたら、有名なスポーツメーカーのものが手に入るかも。ネットなどでチェックしてみてください)

子ども靴

さいごに

海外に行ったばかりの時は、現地の子供服の珍しさに嬉しくなってしまいますが、デザイン重視で機能性がなかったり、微妙にサイズが合わなかったりすることがあります。
そんなときは「やっぱり日本の服はいいなあ」としみじみ思うことも。

その昔「アメリカには綿素材の子供服がなく、全て化繊だったから、自分で綿の生地を買ってきて手作りしたものよ」という先輩ママのお話を聞いたことがあります。

いつの時代も、お父さんお母さんの工夫が必要のようですね。

【取材協力】駐在情報交換グループの皆さん
【取材・writing】運営部N

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-アメリカ, 日本から持っていきたいもの

Copyright© 海外生活応援団 , 2018 All Rights Reserved.