日本から持っていきたいもの

<初めての海外生活>日本から持って行きたいお薬

更新日:


初めての駐在先が香港だったのですが、現地でどんな物が手に入るのか分からず、不安で、とりあえず薬がギッシリ入った薬箱を引っ越し荷物に入れました。

が、一錠も飲むことなく、そのまま数年後に全て廃棄しました。

風邪を引けば病院に行き、処方してもらった薬を飲んでいたので、日本で購入した市販薬は必要ありませんでした。、

子供用のお薬ゼリーも必要ないでしょう。香港でも、次の駐在地のアメリカでも子供の薬は全てシロップでしたから。
粉薬や錠剤を処方されたことは一度もありませんでした。

薬は現地の物だけで大丈夫ですが、日本の湿布を持参することをオススメします。
一時帰国の度にロキソニンテープやサロンパスを買っていました。

現地でも買うことはできましたが、種類が少なく、高価でした。

日本の薬で唯一、飲んでいたのが葛根湯でした。子育て真っ最中のママが倒れるわけにはいかないので、風邪の引き始めによく飲んでいました。

eyecatch20

また、子供が幼いうちは、洗い流さないタイプの歯磨き粉や歯磨き後に食べるラムネを、一時帰国の度に買っていました。

アメリカでは頭痛に悩まされることが多く、イブプロフェンの鎮痛剤をドラッグストアで買って常用していました。
日本の頭痛薬は効き目がありませんでした。
現地のものは腰痛にも効くのでとても重宝していたので、日本にも持って帰りましたし、夫が出張の度に買ってきてもらっています。

<みぃまま/40代/🚺中1🚹小5/香港4年半、シカゴ8年/製造業>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-日本から持っていきたいもの

Copyright© 海外生活応援団 , 2018 All Rights Reserved.