eyecatch20

赴任前の手続き

アメリカへの赴任。子どもの予防接種はどうする?

投稿日:


旦那様の海外赴任が決まったら、お子さんを持つ方が準備しなくてはならないことのひとつに、「予防接種」があります。
国によって受けるべき予防接種は異なり、種類によっては渡航先で受けることができないものもあります。
こちらでは、小学生と就学前の2人のお子さんを持つお母さんに、渡米前後の経験談を伺いました。

スポンサーリンク

広告01




【回答者のペンネーム:choco 】
【年代:40代】
【お子さんの性別と年齢:男の子8歳、男の子3歳】
【滞在国と期間:アメリカ3年+5ヶ月】
【ご主人の会社の業種:物流】

8歳の長男は日本でおたふく風邪B型肝炎を二回打っていきました。
三回目は半年あけないと打てなくて、アメリカに来てからうちました。

あとは、ポリオを二回、MMR(新三種混合)Tdap(三種混合)を打ちました。
3歳になる直前だった次男は日本で長男と同じくおたふく風邪、B型肝炎を二回うち、アメリカでB型肝炎三回目を打ちました。

事前に、アメリカの「日本クリニック」に小学校転入に必要な予防接種を相談して、メールでやりとりしていたので、とてもスムーズに進めることができました。

こちら(アメリカ)は筋肉注射で痛いと聞いていたので、なるべく日本で打とうと思ったのですが、2人ともそれほど痛がりませんでした。

次男が追加で打つ注射が少なかったのは、長男と次男のときでは、定期接種の種類がずいぶん変わったからです。
水痘、肺炎球菌が定期接種になり、3種混合が4種混合に、ポリオも二回から四回に変わりました。

このように子供の年齢で予防接種事情が変わるので、海外に引っ越すときには、事前に引っ越し先の病院に予防接種について相談しておくといいと思います。

スポンサーリンク

広告01




このケースのように、渡航先に日系もしくは日本語の通じる病院があるならば、その病院は多くの日本人を診ている実績があると思いますので、お子さんの予防接種の履歴と、受けるべき予防接種に関してお問合せされてみると良いかもしれません。

【参考サイト】
日本クリニック (アメリカのシカゴ/サンディエゴ)
公式サイト

横浜市保健所
海外旅行等のための予防接種

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-赴任前の手続き

Copyright© TOCEAN , 2019 All Rights Reserved.