住まい

現地の住まい探し~事前の情報収集~

投稿日:


駐在生活の拠点となる自宅選び、過ごす時間の長い奥様が選びたいのが本音でしょうが、なかなかそうはいかないのが実情です。
もし可能ならば、赴任先に行って内覧をしてみるとよいと思います。
かといって、狭い日本から海外に行くと、どんなところを見ても日本とは違った雰囲気にテンションが上がります。
アメリカでいうと大きな窓、美しい芝生、広い部屋、テレビドラマで見た家電、ガレージ付きの駐車場、複数あるバスルーム、正直何もかもが海外マジックにかかって良いものに見えます。
これではあまりあてになりませんね。

ご主人が先に赴任されて、物件を決めてくれる場合が多いかと思いますが、そんな時は2,3件まで絞った段階で相談してもらうのがよいでしょう。
ご主人だって赴任間もない忙しい時期に、いろいろと考えて選んでくれているはずです。
参考にされた意見の中には、他の駐在員の奥様の意見もおそらく含まれているはずです。
その中から自分の条件に合ったおうちをご夫婦で最終決定できれば、内覧の必要がないくらいには満足できると思いますよ。

<よしみん/40代/🚹中2 🚹小5 🚺小3 /アメリカ・シカゴ5年半/運輸業・物流>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-住まい

Copyright© TOCEAN , 2019 All Rights Reserved.