アジア インドネシア

【インドネシア手記】現地の通貨と物価、買い物事情

更新日:


投稿者:みんちるさん
インドネシア在住。アメリカにも在住経験あり。中学生のお子さんがいます。
「Q.忘れられない景色は?」アメリカ・アーチーズ国立公園に向かう断崖絶壁から見た、見渡す限り誰もいない景色。

スポンサーリンク

広告01




インドネシアの通貨とレート

インドネシアの通貨はルピア。

10000ルピア=80円くらいの換算になります。値段の下2つのゼロを取って、0.8倍すると日本円に換算できるイメージです。

物価が安いイメージ。しかし・・・

インドネシアは物価が安い、というイメージを持って来ましたが、生活してみると・・・

ローカルな品物は安いですが、プラスティック製品、紙製品は法外な値段!

例えば日本の100均で販売されているようなプラスティックのかご、これが400円ほどの値段。

トイレットペーパーも日本の2倍近く。

関税が高いのでしょうね。輸入品全般は高いです。

日系食材を扱うスーパーもあります。

日本人がよく利用する日系食材を多く扱うスーパー。

お肉もきれいで食べやすく、野菜もフレッシュなものが手に入ります。

が!安心して買い物すると、レジでは日本のスーパーで買い物するより高くつきます。

ちなみに、バーモンドカレーは500円くらい。

おとなのふりかけ(小袋)、キューピーマヨネーズも500円くらいします。

ローカルの市場は比較的安い

ローカルな市場で買い物をすると(なかなか勇気が要ります。)もっと安くすむようです。

ローカルなペットボトルの飲み物は70円くらいで買いやすい。こんな感じです。

お得に楽しめるサービスも

日本と比較すると人件費が安いマッサージやエステ、ネイルなどは気軽にお得に利用できる環境です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-アジア, インドネシア
-, ,

Copyright© TOCEAN , 2019 All Rights Reserved.