小学校3

アジア 子育て/教育

【海外での子育て】香港の日本人学校はどんなところ?

更新日:


香港の日本人学校は、入学するためにどんな準備が必要なのでしょうか。
また、学校の様子や、通っている方の評判・感想はどうなのでしょう?
こちらでは、実際にお子さんを香港の日本人学校へ通わせている方に、経験談を伺いました。

スポンサーリンク

広告01




【回答者のペンネーム:けんけんさん 】
【年代:50代】
【お子さんの性別と年齢:🚺13歳、🚹11歳】
【滞在国と期間:香港 2年】
【ご主人の会社の業種:運送会社】

Q.情報収集はどうされましたか?(参照したサイトなどがありましたら教えてください)

A.
情報収集は香港日本人学校のホームページです。
ただ、入学手続き等は詳しく書いてあったため何も困らなかったが、日本から持っていけばよいものなどの情報が全くなかった為、他の国の日本人学校のHP等もみて参考にしました。
それから、友達のつてで、ちょうど、子供がいく予定の学校にお子さんを通わせてる方がいたので、その方に詳しく聞きました。

Q.どういった点を重視して情報収集されましたか?

A.住む場所から、行く予定の日本人学校は決まっていたので、特に重視した点はありません。

Q.入学が決まった後の、学校で必要な手続きとその流れを教えてください。

A.
日本人学校のHPから、編入オンライン登録をする

現地到着後、編入時の説明会に子供と一緒にいく。日程は学校のHPにある。
その時に、日本の学校からもらった書類なども提出。
(HPに手続きは細かく書いてあるので、それを見たら、何も困らないと思います。

Q.日本人学校の始業時間と終業時間を教えてください。

A.
始業時間は、8時半~3時半ころまで。
バスの時間が決まっているので、低学年から高学年まで学校にいる時間はほぼ同じ。
ただ、水曜日のみは、低学年は授業が早く終わり、帰宅のバスも早く戻ってくる。

Q.通学はどういう方法ですか?

A.
通学は、スクールバスの子がほとんどです。
学校の近くにすんでいる子供や、スクールバスがない場合は、保護者の車や公共のバスなどで、自主通学している。

Q.日本人学校では、子どもたちはどのように過ごしていますか?

A.
・1クラスは何人?

 20~30人位

・授業は何分形式?

 15分のモジュール制のカリキュラム授業を行っている。
 45分、30分授業、60分等、授業内容によって、細かい時間割となっている。

・休み時間は何分?

 5分程度。
 昼休みは50分程度

・休み時間はどう過ごしている?

 中庭や屋上で遊んだり、自由にすごす。
 お弁当を食べた後は、校庭で遊んだり、日本の学校とほぼ同じ。

Q.教室はどんな形ですか?

A.基本的には日本と同じです。

Q.授業の進め方や先生の指導方法で、日本と異なる点を教えてください。

A.
授業の進め方は、日本のカリキュラムなので、特にかわった点はないけれど、毎日、英語の授業があり子供達はレベル別にクラス分けがされ、ネイティブの先生が英語を楽しく教えてくれました。
英語科の先生たちがとても熱心です。

Q.日本の学校にはないイベントなどがありましたら教えて下さい。

A.
ランタナ祭
(奇数年、偶数年の児童に分かれて、音楽会と劇などの発表会があり、バザーなども行われる。)

ハロウィン集会

Q.感想を教えて下さい。

A.
日本の騒々しいクラスからきたばかりの時は、おとなしいクラスの雰囲気にびっくりしていたが、皆まじめで、勉強熱心な子が多くて、すぐに馴染みました。

宿題も多かったですが、少人数で先生の目がいきとどき、学力面でもしっかり見て頂きました。
先生もみな熱心な先生が多く、人数も少ないせいもあるかもしれないけれど、ほんとに丁寧に指導していただきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-アジア, 子育て/教育

Copyright© TOCEAN , 2018 All Rights Reserved.