halloween01

ハロウィン 海外生活を楽しむ

2018年のハロウィンはいつ?ハロウィンの起源は?ハロウィンについておさらいしましょう。

投稿日:


年々、盛り上がりを増す日本のハロウィン。
今年のハロウィンは10月31日水曜日です。

子どもだけでなく、大人も仮装やパーティーを楽しむハロウィン。
街もショップもハロウィン一色になりますね。
しかしハロウィンについて詳しく知らない!という方もいらっしゃるはず。
そんな方のために、

ハロウィンとは?
ジャックオーランタンって何?
トリックオアトリートってどんな意味?

などなど、ハロウィンについてご紹介します。

ハロウィンとは?

もともとは宗教的な行事

古代ケルト人(中央アジアからヨーロッパに渡った民族)が行っていた祭りが起源と考えられています。
元々、秋の収穫のお祝いと、悪霊を払う宗教的な行事でした。

10月31日に行われるのは、ケルト人の1年の終わりが10月31日だったため。
節目のこの時期になると死者の霊、悪霊、魔女が訪れると考えられていたので、人々は仮装をし、それらから身を守ったのです。

かぼちゃのジャックオーランタンとは?

悪霊を追い払う役目

ハロウィンで象徴的な、かぼちゃの「ジャックオーランタン(Jack-o'-lantern)」。
もともとはかぼちゃではなくカブをくりぬいて作っていたそう。

ハロウィンの本場アメリカでは、季節になるとスーパーやホームセンター、農場などにオレンジのかぼちゃが所せましと並びます。値段は大きさや重さによって異なります。
ハロウィン数日前にかぼちゃの上部を切り取り、中をくり抜き、側面を目・鼻・口のように切り取り(カービングと言います)、中に蝋燭をともします。
これをハロウィン当日に玄関に置き、悪霊を払うと言われていますが、一説によると、鬼火・ひとだまを象徴したものとも言われています。

【動画】ジャックオーランタンの作り方

こちらは、ちょっとユニークなジャックオーランタンの作り方を紹介しています。

1.かぼちゃの上部をカットします
2.中身をくり抜きます
3.かぼちゃに好みのデザインを描きます
4.デザイン通りにカットしていきます。
5.中に好みのライトを入れます

大小のかぼちゃを組み合わせるところが面白いですね。

トリック・オア・トリートとは?

「お菓子をちょうだい」の合言葉

「トリック・オア・トリート」とは、「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ」の意味。
直訳すると「いたずらがいい?お菓子がいい?」ということなのですが、要は「お菓子をちょうだい」の合言葉のようなもの。

アメリカではハロウィン当日、近所のお宅の玄関に立ち、ドアに向かってこの言葉を言います。
すると中から、かごいっぱいに入ったお菓子を持った住人が現れるのです。

まとめ

もともと、悪霊や魔女から身を守るお祭りだったハロウィン。象徴的なかぼちゃや仮装は、ひとつひとつ意味があります。これらを理解した上でのハロウィンは、また違った意味でも楽しめそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-ハロウィン, 海外生活を楽しむ
-,

Copyright© TOCEAN , 2019 All Rights Reserved.