電子辞書

おすすめ情報

電子辞書は、小さなボディに専門知識がぎゅっと詰まった、ハイスペックマシーン

投稿日:


みなさんは漢字や言葉の意味、英単語を調べる時、どんなツールを使って調べていますか?

わからないことはスマホのGoogle検索などで簡単に調べられる時代になりましたが、情報が多すぎてどれを選択すればいいのか迷うこともありませんか?

言葉の意味や、単語をピンポイントで調べたいなら、電子辞書がおすすめです。

むしろ電子辞書の方が情報の的確性は優れているのではないでしょうか。

電子辞書はこんなところで活躍

電子辞書は、学生はもちろん、留学先や海外赴任などで持っていると大変便利なアイテムです。

紙の辞書のように、膨大な索引、目次などから、あいうえお順に追って探す必要がなく、ネット検索する時のように、調べたい言葉を打ち込めば、自動的に意味や解説を引っ張り出してくれるので、かなり時間短縮になります。

電子辞書のメリット

電子辞書の大きなメリットのひとつが、コンパクトさ。

通勤通学など持ち運びの際、小さいので荷物にならない。

複数の辞書がひとつの電子辞書に入っているものもあるので、分厚い辞書を何冊も所持する必要がなく、置き場を取らない。

多機能スマホとの使い分け

スマホに辞書アプリを入れればいいのでは?というご意見もあるかもしれませんが、日本の場合ほとんどの学校では登校時のスマホ所持が不可な為、授業中に使用するのは難しいのが現状です。

実のところ電子辞書も、使用不可な小中学校が多いですが、ハイテク、デジタル時代を生きる子供や若者には、紙の辞書よりも電子辞書の方がきっと受け入れやすく、簡単に使いこなせるのではないでしょうか。

好みのメーカー、使い手にあった機能で選ぶ

電子辞書を出している主なメーカーは、カシオ、シャープ、エレコム、ハクバ、サンワサプライ、ソースネクスト、セイコーなど。

液晶、カラー画面、サイズ感、画面が360度回転するものもあったり、性能や使い勝手が進化しているようです。

電子辞書04

まとめ

機能やメーカーによって、金額も数千円台からと手軽に購入できるものもあり、小中学生が普段の家庭での勉強に使う学習用、語学学習用なら、発音機能が搭載された機種、家庭用なら図鑑や家庭の医学が搭載された機種など、年齢や目的、用途など自分の必要性にあったものを選べば、日常生活で活躍すること間違いなし!

入学祝いや、留学する人への餞別にプレゼントしたら、喜ばれるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-おすすめ情報
-,

Copyright© TOCEAN , 2019 All Rights Reserved.