スーツケース01

おすすめ情報

「TSAロック」でアメリカ行きの検査時も安心。スーツケース選びのポイント①

更新日:


昨今、日本国内含め、海外への旅行者がどんどん増加しています。

旅行に欠かせない必需品と言えば、荷物を入れるスーツケースですね。

増え続ける旅行者数と比例して、スーツケースもどんどん進化しているようですが、旅行に行く機会があまりない筆者はスーツケースを持っていないので、最近のスーツケース事情についてよくわからず…そう感じてる方もいらっしゃいませんか?

着替えなどの荷物はもちろん、仕事道具、勉強道具、日本からのお土産など、夢や希望といったワクワク心も一緒に詰め込んで共に旅するんだから、自分に合ったぴったりの素敵なスーツケースに出会いたいですよね。

というわけで、海外旅行願望が湧きつつある筆者目線で、スーツケースに関して知りたい情報を収集する感覚で書いていきたいと思います。

TSAロックって何?

まず、スーツケースについて調べていて目に飛び込んできたのが「TSAロック」という言葉。

「TSAロック」とは、アメリカ運輸保安局(Transportation Security Administration)によって認可された鍵のこと。

アメリカの空港での厳しいセキュリティチェック

9.11の同時多発テロ以降、セキュリティがかなり厳しくなっているようで、アメリカ出入国の際、飛行機搭乗時に空港で預けた荷物に鍵がかかっていると、例外なく鍵を破壊され中身を検査されるとの事。

壊されても当然、弁償はありません。

鍵を壊されるのが嫌ならば、鍵をかけずに預けるしかありませんが、検査場所へ行くまでにいろいろな人の手を介するので、盗難のリスクが高まります。

しかし、TSAから認可されたロックをしているスーツケースなら、検査職員が特殊な道具を使って鍵を開けるので、壊されることなく検査を受けることができます。

アメリカ本土だけでなく、ハワイ、グアム、アラスカ、サイパン、その他アメリカ領エリアに行く際もTSAロックが適用されます。

今のところアメリカへ行く予定はないにしても、やはりスーツケース選びの一つとして、TSAロック搭載のものを検討した方が良さそうですね。

スーツケースPANTHEONピンク

TSAロック付きかどうかの見分け方

購入の際や、今手持ちのスーツケースがTSAなのか確認したい場合、鍵本体付近にレッドダイアモンドと呼ばれる「赤い菱形マーク」があれば、TSA認証の鍵ということで見分けられます。

TSAロック

スーツケースの鍵の種類

鍵の種類も、ダイヤルロック、カードロック、南京錠タイプなど数種類あり、スーツケースの形状によって様々なようです。

さいごに

ここまで、TSAロックに関してご紹介してきました。
様々な形状がありますし、人それぞれ使い勝手の感覚や、安心感が違うと思うので、自分が一番使いやすい形状のものを選びたいですね。
しかしこれらについては基本「スーツケースを開けて検査される」ことが前提です。
紛失等のトラブルを防ぐためにも、スーツケースに貴重品はもちろん、小型ゲームなどを入れるのは避けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-おすすめ情報
-,

Copyright© TOCEAN , 2018 All Rights Reserved.