eyecatch15

コラム メンタルヘルス

メンタルヘルスコラム①海外駐在員とその家族のストレス

更新日:


海外駐在生活では、環境の変化や異文化下での仕事により、ストレスを感じやすいものです。
ストレスを重ね、メンタルに支障をきたす方も少なくないようです。
しかしながら、どのような場合に心のバランスを崩すのか。
これについては非常に繊細な問題なので、そういった話を耳にする機会はあまり多くはありません。

こちらでは、アメリカで臨床心理士として、多くの駐在員とその家族をカウンセリングしてきた保市麻子先生に、駐在員が置かれた現実とその多忙さ、それによるストレスについて、お話を伺いました。
(全5回)

スポンサーリンク

広告01




こんにちは!保市麻子です。

海外駐在と言えば、カッコいい!いいな~。
英語がすぐに話せちゃうよね、などと周りからは思われがちなことが多々あるのではないでしょうか?

でも、実際には海外に住んでみないとわからない事がたくさんあるものです。
海外に住んでいる駐在員そしてその家族がどれだけ、毎日大変な日々を送っているのかというのは、当の本人達にしかわからないと思うのです。

アメリカのシカゴで臨床心理カウンセラーとして、これまでにも沢山の日本人のクライエントさんをカウンセリングしてきました。
日本人のクライエントさんの半分以上は、駐在員またはその家族の方々です。

今現在も、日本人のクライエントさんは減ることはなく、実際に毎年増えてきているのが現状です。

もちろんみなさん抱えている悩みは様々ですが、何等かの悩みがあるからカウンセリングに来ることを決意したのだと思います。

アメリカだけではなく他の国での駐在をされている方々みんな、同じ様なことで悩んで苦しんでいる駐在員がいることはまちがいないと思います。

私の友達で、アメリカ以外の国での駐在生活をしていた経験話を聞いたりすると、やはり彼らが駐在員・家族として悩む問題は、一貫性があるのではないかなと思いました。

私自身、沢山の駐在員のクライエントさんと話をし、辛く、苦しんでいる方々を見ているからこそ、これから駐在をする方、そして今駐在生活を経験している方々の為に少しでもお役に立てられたらいいなと思うのです。

海外駐在生活をするにあたり、ちょっとしたことを少しでも知っていたらどれだけ彼らのココロ、カラダ、そしてマインドが楽になるのだろうか?といつも私自身のココロが痛むことが多いです。

カウンセリングに来るクライエントさんに一日も早く良くなる為に、彼らが回復する術を提供しています。

だからこそ駐在員そしてその家族が知っておくと、役に立つことをお伝えしたいなと思います。

そうすることで、異国にいても何等かの対応が早めにできるのだろうなと思うのです。

今回のコラムでは、シカゴに住む駐在員はどういったことでストレスを感じることが多いのか?についてお話させていただきます。

駐在員の中で、最もストレスを感じる事って何だと思いますか?

・「環境の変化」
・「厳しい勤務時間」
・「仕事場での対人関係」

これらは彼らにとって非常にストレスを感じるトップ3です。

【この記事の著者】
保市麻子さん写真

マインドフルプロフェッショナルカウンセリング
全米・イリノイ州認定臨床心理カウンセラー 保市麻子,NCC,LCPC

【詳しいプロフィール・セミナー実績はこちらから】

4/8(日)開催【海外赴任は怖くない!アメリカ臨床心理士&元駐在妻が教える 駐在妻のための心と生活準備セミナー】

お申込みフォームはこちら 夫が海外赴任になった! でも、どうやって生活するの? 言葉がわからないのに ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-コラム, メンタルヘルス

Copyright© TOCEAN , 2018 All Rights Reserved.