eyecatch14

お付き合い アメリカ

駐在先のアメリカで日本人のママ友を作るには?

投稿日:


スポンサーリンク

広告01




駐在生活を控えている奥様の中には「新しい環境でお友達ができるのかな?」と現地での交友関係に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
両親や親戚がすぐそばに住んでいるわけではないので、どうしても友達同士の助け合いが必要な場面が出てきます。
では、全く知らない土地で、みなさんどのようにお友達やお知り合いを増やしていっているのでしょう?
実際に海外で生活したことのある経験者に、お話を伺いました。

family02

【回答者のペンネーム:みいままさん】
【年代:40代】
【お子さんの性別と年齢:🚺13歳🚹11歳】
【滞在国と期間:香港4年半、シカゴ8年】
【ご主人の会社の業種:製造業】

Q.アメリカに渡航して間もないころ、お友達を作るために工夫したことはありますか?
(コミュニティに参加した/公園や習い事等の子どもの集まるところに行った/SNSでお友達になった)

A.近くの公園や室内の遊び場に行ってみましたが、日本人と出会うことはありませんでした。アメリカに引っ越した頃はミクシィが流行っていて、日本人ママの会があったので、お友達募集の書き込みをしたところ、何人からか連絡を頂き、マックやお友達のお宅などで子連れランチやお茶をしました。

Q.はじめてできたお友達とは、どのように知り合いましたか?

A.ミクシィで出会ったお友達と、あとは、プリスクールを見学しに行った時にも日本人家族と出会い、連絡先を交換しました。また、夏に参加したサマーキャンプでもお友達ができました。

Q.どのようにして、お友達を増やして(もしくは増えて)いきましたか?
(お友達の紹介/子どもの学校が一緒/習い事が一緒など)

A.シカゴは寒く、家でお友達と集まることが多く、そこでお友達がお友達を呼んで、段々と増えていきました。あと、自分の習い事にはなるべく1人で参加するようにしていたので、子供の付き合いとは関係なく、色々な年齢の方とお友達になることができました。

Q.お友達にどういった点で助けられましたか?
(学校についての情報を教えてもらったなど)

A.私が体調を崩した時に、友人達にたくさん助けてもらいました。子供たちの送り迎えやご飯の差し入れ、子供達を預かってくれたり。友人たちには本当に感謝しています。

Q.お付き合いなどで、苦労された点がありましたら教えてください。答えられる範囲で結構です。
(意見の合わない人がいた/付き合いづらい人がいたなど)

A.私自身は苦労したことはありませんか、友人間のトラブルについて耳にすることはありました。
遊ぶ時に声をかけてもらえなかった、とか、子供同士のトラブルで親も気まずくなってしまった、とか。

難しいことかもしれませんが、限られた駐在生活を楽しく過ごす為に、些細なことは気にせず、広い視野をもって気遣いの気持ちを忘れることなく、周りのお友達と接することができると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-お付き合い, アメリカ

Copyright© TOCEAN , 2018 All Rights Reserved.