スーツケース01

おすすめ情報 飛行機でのおはなし

女性が長時間のフライトを心地よく快適に過ごすためのちょっとしたコツ

投稿日:


海外へ渡航する際に、避けて通れないのが飛行機での移動。中にはヨーロッパやアメリカなど、10時間以上越える長時間のフライトをする方もいるはずです。
長時間のフライトを快適に過ごすためのコツを知っていれば、ストレスの少ないものになるでしょう。
こちらでは、長時間のフライトに備えて、飛行機内に持込むと便利なものをご紹介します。

まず考えたいのは乾燥対策

飛行機はとても乾燥した空間ですから、乗ってしばらくすると、顔の肌が突っ張る感じが出てきます。また、のどががさがさし、軽い痛みも生じます。肌とのど、さらに目も乾燥に弱く涙が出てきます。
このきつい乾燥から肌やのど、目を守るアイテムは必ず持っていたいものです。

感想対策に持参したいアイテム

✔目薬
目薬はドライアイのものでも、疲れ目用でもOK
✔マスク
乾燥から鼻や喉を守ります。使い捨てマスクであれば、数枚用意しておくと安心ですね。
✔化粧品
化粧品は、小瓶に保湿力の高めの化粧水を小瓶に入れたものを携帯することをお勧めします。
(メイクアップをしていない人は、乳液や美容液も合わせて持っていくといいかもしれません。)
乾いたと思ったら顔に直接スプレーできますから便利です。ここで注意したいのは、その量です。
機内に持ち込める液体は、100mlまでと決まっていますから、それ以下の量の容器に詰めましょう。

長時間のフライトで化粧はする派?それともすっぴん派?

10時間を超える長時間のフライトにもなると、化粧崩れが気になりますね。あなたは化粧をして搭乗しますか?それともすっぴんのまま?
肌への負担を考えると、すっぴんのまま搭乗し、乾燥対策をしたほうがいいのかもしれませんが、それはちょっと自信がない、と思う方もいらっしゃるはず。すっぴん派とメイク派。
以下のようにまとめました。
□すっぴん派・・・UVと乾燥対策が必要
□メイク派・・・ふき取り型のメイクオフが必要。肌への負担が気になる
では、現地に着いた後を考えてのメイクアップはどうでしょう。今は保湿から化粧下地までオールインワンになっている商品が発売されています。肌を清潔にするシートと併用すれば、強い味方になりそうです。

快適な睡眠も確保したい

現地に着いたらすぐに行動ができるためにも、寝ることはとても大事です。
そのためには、光と音を遮断することです。
✔光を遮断するためのアイマスク
✔音を遮断するための耳栓

また、最近さまざまな種類が販売されている「ネックピロー」も効果的です。

コンパクトに持ち運べる、膨らませるタイプのネックピロー
スカーフタイプのネックピロー。寝姿も気にならないかも。

足元の寒さ対策も忘れずに

機内は冷えやすいので、毛布やひざ掛けが用意されていますが、足元は自分で対策をとる必要があります。特に、冷えやすい女性の方は、暖かい靴下を履いて寒さをしのぎましょう。
そして、長時間靴を履いているのは足にはとても負荷がかかりますので、軽量でかさばらないスリッパを持参し履き替えることをお勧めします。

衛生用品があると快適さアップ

長時間のフライトには機内食が出ますので、食事の後には口内を清潔にしたいものです。そのためにも、歯ブラシセットやミント味のタブレットなどは持っていきたいアイテムといえます。
そのほかにあったら便利なものは、ウェットティッシュです。
食事の前に手を清潔にすることができますし、気になった汚れや汗などが間単に拭けて便利です。

さいごに

いかがでしたか?
渡航先への移動は、現地での活動のために体力を温存する良い機会とも言えます。
自分のスタイルに合ったアイテムで、長時間飛行をストレスなく楽しみたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-おすすめ情報, 飛行機でのおはなし
-,

Copyright© TOCEAN , 2019 All Rights Reserved.