アメリカ

アメリカ・アトランタの病院情報と体験談

投稿日:


海外生活を始める上で、気になることの一つに「病院や医療に関すること」があります。
アメリカでは、ホームドクター制度が一般的で、疾病のときホームドクター(一般医)に相談してから、専門医にかかるという流れになります。
こちらでは、アメリカで婦人科を受診した方の経験談をお聞きすることができました。
病院を選ぶ際のポイントや、アメリカと日本の異なる点など、参考にされてくださいね。

スポンサーリンク

広告01





【回答者のペンネーム:まいこさん】
【年代:40代】
【滞在国と期間:アトランタ5年、ロサンゼルス1年目】

1.利用している病院名と診療科を教えて下さい。

A.

Sylvia C. Johnson ,MD Gynecology

4028 Holcomb Bridge Road Suite 200
Peachtree Corners, GA 30092

2.どのような方法でその病院を見つけましたか?

A.
ホームドクターに軽い健康診断をお願いした結果、婦人科での専門的な診察を進められ、
先生に「家から近く、女医さんに診察してもらえるところ」と希望したら、その条件を満たした病院のリストをいただきました。
その中から、自分が加入している保険がきくかどうかとレビューをネットで調べて決めました。
(日本語は通じません。通訳サービスもありません。)

3.なぜその病院に決めましたか?

A.
医師が女性だったのと、家から近く、ネットでレビューを見たところよかったので。

4.3で挙げた理由の他に、その病院に特徴があれば教えてください。

A.
街の小さなクリニックで先生はSylvia先生お一人です。
地元の大きな病院 Northside Hospital にも関連がある先生のようで、
マンモグラフィー検査はそちらを紹介してもらっていました。
後の定期的なフォローアップに行った時も、検査結果内容をSylvia先生がしっかり把握してくれていましたので安心でした。

5.保険はどの程度(何%)カバーできますか?よろしければ保険の種類も併せてお答えください。

A.
何%かはきちんと明細をみたことがなかったので、はっきりわかりませんが、
診察の度に$20を払っていました。(この金額は保険の種類によって変わるそうです)

6.(内科の場合)健康診断は、こちらで受けていますか?

A.
内科はホームドクター(primary)で受けていました。

GRACE QING CHAI MD
777 West Peachtree Street
Norcross, GA 30071

中国系の女性のお医者さんで、英語が苦手な私でもわかりやすく丁寧に接してくれる先生でした。
(日本語は通じません。通訳サービスもありません。)

7.その他に「日本の病院とはここが違うなあ」と思われた点がありましたらお答えください。

A.

日本の病院では、受付の方、看護師さんお医者さん、皆さんマスクをされていますが、
こちらの病院でマスクしている方はいませんね(笑)

手術室でもお医者さん、看護師さんがとてもフレンドリーです。
マンモグラフィーの再々検査にひっかかり、細胞をピストルのような器具で採取する簡単な手術を経験した時、
お医者さん、看護師さんが手術室内でもなごやかで、部分麻酔のため意識があったので、私にも「アメリカには何年住んでるの? どう?」などと、
フレンドリーに話しかけてくる雰囲気が日本と全く違うので驚きました。

マンモグラフィーは、Dr.Sylviaのクリニックではできないので、大きな病院に行きました。
 Northside Hospital
この病院はアトランタ周辺にたくさんあります。 私はAtlantaとAlpharetta と2か所で受診したことがあります。
Alpharettaの方が郊外にありますので、すいていましたし駐車場も無料でした。
ちなみにマンモグラフィーの技師さんは女性しかみたことがありません。

myhome01

大きな病院では無料で通訳をつけることが法律で決まっているそうです。
なので、Northside Hospital は通訳サービスをお願いすることができます。
予約の電話をする時にたどたどしいと、「通訳はいる?」と向こうから聞いてくれるので、
必要な場合はお願いするといいと思います。
電話だと3者通話。 病院での診察中もタブレットの向こうに通訳さんがいてくれる状況でした。
私は予約時間に病院に行くと、通訳さんが現場に来てくれているということも2度ほどありました。
その時は問診票を書く時も手伝ってもらえて助かりました。

日本では、地元に内科、外科、皮膚科、耳鼻科など、自分の症状に合わせて
耳が痛い時は耳鼻科へ、怪我をした時は外科へすぐに行くことができますが、
こちらでもまずホームドクター(Primary)に診てもらい、その先生の判断で専門的なクリニックに行くことになります。
お腹が痛くなったり、急に具合が悪くなった時でも予約なしで行くことができず、予約も2日3日先くらいしか取れないことがほとんどなので、困ります。
2日3日先まで具合がどうかわからないし、キャンセルは24時間以上前にしなくてはキャンセル料(だいたい$25)を支払わないといけないので判断に迷いました。

そこで、私はUrgent care をよく利用していました。
これはERの一歩前段階の病院でしょうか。
休診日はなくだいいたい朝7時くらいから夜8時くらいまで、予約なしで診てもらえるクリニックです。
ここである程度診てもらって、処方箋をもらったり、症状がひどい時はERに行くように勧められたりします。
突然高熱がでて、インフルエンザだった時はUrgent careで診てもらって助かりました。
ただ、予約はできないのでタイミングが悪ければ待ち時間がかなり長くなる時があります。

ちなみに私が行っていたところは
Piedmont Urgent Care です。

Piedmont Urgent Care
1575 Mount Vernon Rd
Dunwoody, GA 30338
運営部
まいこさん、ご回答いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-アメリカ

Copyright© 海外生活応援団 , 2018 All Rights Reserved.