イースター01

アメリカ 海外生活を楽しむ

春のイベント「イースター」。どんな風に楽しむ?

投稿日:


スポンサーリンク

広告01





アメリカでは、3月の下旬から4月の上旬の間の日曜日に「イースター」の日が掲げられ、それはキリスト教の「復活祭」にあたります。
キリスト教徒の方にはとても重要な日なので、当日の午前中は町全体が静かになります。
当日彼らは家族で教会に行き、その後ランチを楽しみます。

ウィキペディア「復活祭」

イースターが近づくと、お店にはうさぎやひよこ、卵などの装飾が並び、隠された卵を探す「エッグハント」が行われたり、卵を使用して装飾を作ったりと、さまざまなイベントが行われます。

eyecatch26

「エッグハント」って何?

1.卵の形をしたプラスチックケースに、お菓子やおもちゃ、シールなどを入れます。
(プラスチックケースは現地で安価で手に入ります。たくさん用意しましょう)
2.庭のいろいろな箇所に隠します。
3.合図で子どもたちが一斉に探し始めます。

アメリカでは、庭の他にもプールに浮かべるものや、スーパーマーケットの店内に隠すイベントもあります。
「隠してあるものを探す」のは子どもたちは大好き。

イベントに参加したり、気の合うお友達同士で開催したり。
「エッグハント」にはエッグを入れる専用の可愛いバスケットがあると、気分も盛り上がりますね。

<運営部N/40代/🚺11歳🚺8歳/アメリカシカゴ5年/商社>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-アメリカ, 海外生活を楽しむ

Copyright© TOCEAN , 2018 All Rights Reserved.