eyecatch17

知っておくと安心なこと

海外の日本大使館・領事館がサポートしてくれることってどんなこと?

更新日:


各国の主要都市に配置されている、日本の大使館・領事館などの在外公館。
現地の国に対して「日本の顔として」交渉や連絡、情報の収集、広報文化活動などを行います。
では、海外に滞在している日本人に対して、どういったことをサポートしてくれるのでしょうか。
こちらでは、在外公館ができること/できないことをご紹介します。「困ったときは在外公館に」ではなく、どのような状況でどのようなことをサポートしてもらえるのか、予め知っておくことで、いざという時に備えましょう。

病気や事故で治療・入院したとき

≪できること≫
・弁護士、通訳に関する情報の提供
・医療機関に関する情報の提供(日本人が利用している病院など)
・本人が家族と連絡できない状態のときの、連絡の支援
・現地の警察や保険会社への連絡のアドバイス
・日本にいる家族の現地入りの際、パスポートの緊急発給をサポート

≪できないこと≫
・病院との交渉、医療費や移送費の負担、支払い保証、立て替え
・犯罪の捜査や逮捕、取締り
・相手側との賠償交渉

所持金や所持品の盗難・紛失のとき

≪できること≫
・現地の警察への届け出に関するアドバイス
・家族や知人からの送金のアドバイス
・パスポートの新規発給または「帰国のための渡航書」の発給

≪できないこと≫
・金銭の供与
・クレジットカードやトラベラーズチェックの失効手続き
・現地の警察への被害届け出の代行
・犯人の逮捕、取締り

大規模な自然災害やテロ・デモなどの緊急事態が発生したとき

≪できること≫
・発生時に滞在する日本人の安否確認
・日本人被害者に対する移送・関係機関への連絡などの支援
・「たびレジ」やインターネトを介した情報の提供
・出国の支援(退避が必要となった際に退避方法等の情報を提供)

≪できないこと≫
・退避に必要な費用の負担

運営部
海外に3か月以上滞在する予定の方は在留届の提出、短期滞在者は「たびレジ」に登録することで、在外公館の現地日本人の安否確認をスムーズにすることができます。
また登録により、在外公館からの緊急一斉連絡メールなどを受け取ることができます。

MOFA外務省「海外へ渡航される皆様へ」

現地で逮捕・拘束されたとき

≪できること≫
・領事が本人と面会または連絡(希望があれば)
・弁護士や通訳の情報の提供
・家族との連絡の支援(本人が直接と連絡をとれない場合)
・関係当局から差別的・非人道的扱いを受けている時、改善を求める

≪できないこと≫
・釈放や減刑などの要求

運営部
小さなお子さんを車に残してちょっとの間離れていただけでも、通報・逮捕されてしまう事例もあります。

海外へ行った家族が行方不明になったとき

≪できること≫
・現地の警察への紹介方法や捜索願の届け出に関するアドバイス
・現地の警察に捜査の申し入れ(犯罪に巻き込まれている可能性のある場合)

≪できないこと≫
・行方不明者の捜索活動

さいごに

在外公館は、日本を代表する機関ではありますが、海外では「日本の当たり前」がすべて通るわけではありません。まず、自分自身が「日本ではなく海外に滞在する」心構えをしっかり持ちたいですね。

在外公館の住所やホームページの一覧はこちらから

【外務省 在外公館リスト】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-知っておくと安心なこと

Copyright© TOCEAN , 2018 All Rights Reserved.