eyecatch01

おすすめ情報 書籍案内

子連れでも快適で楽しく海外へ。おすすめ書籍3選

投稿日:


海外赴任する方の多くは、小さなお子さん連れです。渡航する際には、地域によっては長時間の移動を強いられます。たくさんの荷物と、小さな子ども。快適でスムーズな移動には、どのようなポイントが重要でしょうか。
また、せっかく海外へ住む機会が得られたのならば、お子さんと一緒に思い切り満喫したいですよね。
お子さん連れをテーマにした旅行誌には、たくさんのヒントが詰まっています。
こちらでは、「子連れ旅行」にフォーカスした書籍をご紹介します。

地球の歩き方MOOKハンディ 海外子連れ旅★パーフェクトガイド! 2019

持っていくと役立つアイテム、飛行機のサービス、気になる病気などなど。飛行機で初めて長時間移動する方にも参考になる記事が掲載されています。

商品紹介より:
家族で行く海外旅行の楽しさを伝えつつ、準備や安全などの不安を払拭するノウハウを徹底紹介。また年齢やテーマに合ったおすすめの旅先を数多く提案します。子供の対象年齢は1歳前後の乳幼児から、小学校4年生(10歳)程度。経験者はもちろん、不安で一歩が踏み出せなかった家族にも旅のきっかけを提供する1冊です。

TRIP with KIDS -こありっぷ-

雑誌「VERY」でもおなじみのクリスー ウェブ 佳子さんが提案する旅行の「コツ」。グローバルな子育てを実践されている桂子さんの視点は参考になるはず。

商品紹介より:
子どもの頃から大胆に旅をさせることによって、国際感覚や適応能力、コミュニケーション能力や美意識など、その後豊かに育つ、土台になるはず。クリスー ウェブ 佳子さんが、2人の娘さんとともに旅した11の旅を通して、「大変!」といわれる、子どもとの旅(=こありっぷ)のコツを伝えます。旅好きな親にとっても、これから旅を始める子どもににとっても、最高の旅をすることで学びを得る。これからの時代を生きる子ども達のための、新感覚の「旅育」本の誕生です。

Hanakoファミリー TRAVEL with kids 子どもがぐーんと伸びる海外旅行 (マガジンハウスムック)

グローバルな教育を求められている昨今、これからの時代を担う子どもたちに親としてできることは?「教育」「経験」の点で見る一冊。

商品紹介より:
子連れの海外旅行にぴったりの行く先は、注意すべきことは? そしていま話題の「親子留学」についての情報もどっさり詰め込んだ1冊です。
せっかくの親子海外旅行を、たんなる観光旅行に終わらせないために。旅のプランを決める前にぜひ手に取っていただきたい一冊です。

さいごに

いかがでしたか?

楽しい事よりも「大変!」と思う事が多くなる子連れ移動。しかし、お母さんが楽しければきっと子どもも楽しい!はず。情報収集や準備を万全にして、ひとつひとつの経験を大切な思い出として過ごしてくださいね。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告01




広告01




-おすすめ情報, 書籍案内
-,

Copyright© TOCEAN , 2019 All Rights Reserved.