2019年9月27日 更新

現地の方とのコミュニケーション~職場にて~

インタビューです。

お互いの文化の背景に配慮する

私の会社には駐在員の日本人が私含め2名、それ以外にアメリカ人のマネージャーはじめ3人のオペレーターがいました。
アメリカ人というと、先入観でアバウトな感じなの?と思われがちですが、人によっては驚くほど几帳面で、きっちりと仕事をこなす方もいらっしゃいます。それはとても心強いものでした。

ただ、一緒に仕事を進める上での方法やコミュニケーションには、それぞれの言語や文化などその人の背景を理解する必要があります。一つの仕事を成しえた時の評価の仕方ひとつ取っても、アメリカ人と日本人では受け止め方が異なります。
よかれと思ってとった行動も、プラスにとられないことがあるのです。

そういったことは、仕事を進めるスピードを遅らせてしまったり、信頼関係を築く障害になったりします。
それはあまりにもったいないことなので、お互いの背景を克服する前提の仕事の進め方を常に模索していました。

例えば日本法人と現地法人で意見交換する際には、シチュエーション別に「こうしたらいいよ」と具体的に伝え、日本側にできるだけ「自分自身で英語を使い伝える」ことを勧めておりました。

情報提供:<KYさん>
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

運営部Y 運営部Y

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く