2019年9月19日 更新

アメリカに赴任中、現地や日本の方に年賀状を送るには?

海外赴任中のときこそ近況報告は欠かせないですね。
離れて住んでいるのですから、日ごろ気にかけてくださっている方に届けば喜ばれると思います。

現地の文化に合わせて近況報告をする

私が住んでいたアメリカは、正月ではなくクリスマスの時期にカードを送る習慣があるので、それに合わせて日本へもクリスマスカードを送っていました。

クリスマス前になると、いろいろな店舗でクリスマスカードを作るサービスが並びます。
グロッサリー(日本で言うスーパーマーケット)でも受け付けていますし、ネットでも注文できます。
私はいつもリーズナブルなCOSTCOで注文していました。

こだわって作りたいなら、Shutterfly や Tiny Print がおすすめ。

その外にも、Walgreens や Target などでも注文できます。

手作りはやはり貰って嬉しい

これらのサービスは、たくさん写真を掲載出来て、お洒落なカードを作ることができますが、その中で手作りカードがあると印象に残ります。

◇既製品のカードに写真を入れる
◇カードから手作りしてしまう

でもやはり日本には年賀状を送りたい!そんな方は。。。

ネット上で年賀状の作成、印刷、投函まで全てお任せの「ウェブポ」があります。

はがきやインク、はがき作成ソフトの用意がなくても年賀状ができるサービス。
住所登録しておけば、投函の代行もやってもらえます。(注文の翌日に年賀状を作成・投函が可能)
デザインは2000点。キャラクターや可愛い系、年配の方向けもありますし、スマホで想い出の写真を入れて、写真年賀状も作れます。
これらの作業はスマホアプリで全て完結します。

もし、送りたい方の住所がわからない場合も対応可能。
その方のメールアドレスにウェブポからメールを送り、その方が住所を入力すれば、ウェブポから年賀状を送ります。

海外からの発送は日にちに余裕を持って

離れて暮らす親戚や友人に、元気に暮らしている様子を伝えたいので、現地の生活の様子が分かる写真や、子どもの成長を知らせる写真を多く掲載できるクリスマスカードを選んでいました。

クリスマスが近づくにつれて、日本への郵送に日数がかかる場合があります。
お早めに準備されることをお勧めします。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アメリカでの歯科医院での体験談

アメリカでの歯科医院での体験談

経験者にお話をお聞きしました。
運営部Y | 11 view
アメリカ 現地の住まい探し~事前の情報収集~

アメリカ 現地の住まい探し~事前の情報収集~

経験者にお話をお聞きしました。
運営部Y | 7 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

運営部Y 運営部Y

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く