2019年9月17日 更新

<初めてのアメリカ生活>日本から持って行っておいたほうが良いものまとめ①

アメリカで生活するうえで、日本から持って行きたいものをまとめました。①

これまで、駐在妻経験者の皆さんに、海外渡航の際に「日本から持って行ったほうが良いもの」をうかがってきました。
こちらではその内容をまとめたものをご紹介します。
引越し荷物を最低限にするために、いろいろなものを処分するでしょうが、意外と役に立つものや「持ってきて良かった」と思うものもあるので、こちらの記事をぜひ参考にされて下さいね。

普段から愛用しているもの

基本的に、今現在愛用しているものは持って行くことをお勧めします。
赴任先では、自分好みのものがどのお店にあるのかは、すぐにはわかりません。
引っ越し直後は、買い物以外にも気ぜわしくストレスが溜まりがちな時期ですので、愛用しているものは持って行きましょう。

これは子どもの学用品にも言える事です。
子どもは環境の変化に戸惑い、寂しい思いをすることがあります。
そんな時、日本で使用していたものが、心理的な支えになるかもしれません。
多くは持って行けないかもしれませんが、絵本やおもちゃも同じことが言えるでしょう。

下着類

では、大人の「愛用しているもの」って例えばどんなもの?と思いますよね。

まず一番に挙げたいのは「下着」です。
日本で買う場合も、多少のこだわりを持って買うものです。
重要なのはサイズ、そして素材。
ブラなどは、欧米ではなかなか自分に合ったサイズを見つけることは難しいです。
ショーツやキャミソールなども、形やサポート具合など、自分好みを見つけるのは時間がかかりそうです。
素材に関しては「綿がいいのに(特にお子さんに)、化繊ばかりで困る」という声もよく聞きます。
かさばるほど持って行くことはないと思いますが、現地のお買い物状況をつかむまでの分は、持って行きたいものですね。

子ども用の靴

記事「日本から持って行っておいたほうが良いものって何?子どもの洋服や靴など」でもご紹介しましたが、お子さんの靴は「日本のものが良い」という声をよく耳にします。
ある程度大きくなったお子さんなら大丈夫かもしれませんが、歩き始めのお子さんや、「そろそろ自分で履けるかな?」という時期のお子さんならば、着脱しやすくソールの柔らかいものが必要ですよね。
そういった点にまで細かい配慮がされているものは、海外では多くは見られないです(国によるとは思いますが)。
人によっては、二つ上のサイズまで用意されるお母さんもいらっしゃいます。

大人の方でも、足が小さめの方は、数が少ないかもしれませんので、普段からよく履く靴は持って行くことをお勧めします。

【②に続きます】
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アメリカでの歯科医院での体験談

アメリカでの歯科医院での体験談

経験者にお話をお聞きしました。
運営部Y | 11 view
アメリカ 現地の住まい探し~事前の情報収集~

アメリカ 現地の住まい探し~事前の情報収集~

経験者にお話をお聞きしました。
運営部Y | 7 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

運営部Y 運営部Y

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く