2019年9月19日 更新

日本から持って行っておいたほうが良いもの「子ども用品・絵本」

小さなお子さん連れなら、絵本を持って行きたいですね。

小さなお子様がいて、引越し荷物に余裕があるのなら、日本語の絵本を持っていくことをお勧めします。
海外の生活では、現地の言葉に触れることのほうが圧倒的に多くなりますから「しっかりと日本語をインプットさせたい」や「日本の言葉や文化を教えてあげたい」という方にはおすすめ。
一時帰国の際だと、重さの関係で何冊も運ぶことが難しいため、引っ越し便で運ぶほうが良いかもしれません。(図鑑好きのお子さんなら特にこのタイミングで)

「たくさんの本を持っていくことができない」場合は?

・現地で日本人のお知り合いと貸し借りする
・ガレージセールで探す
・お子さんが大きくなった方に譲ってもらう
・日本語のお教室(習い事)で貸してもらう
・日本人学校で貸してもらう
・日本人の多く住む地域なら、現地の図書館に蔵書がある可能性も

このように、工夫次第でいろいろな本に触れることができます。

たくさん持っていくためのちょっとした工夫

もし手に入るのであれば、ハードカバーではなくペーパーバッグのタイプが、軽くてかさばりにくいため、おすすめです。
刊行が古くハードカバーのものしか売っていないものでも、中古本なら手に入るかも。
機会があれば中古本の本屋さんもチェックしたいですね。

長く日本を離れていると、「日本に住んでいれば当たり前に知っていること」を習得できる機会が少なくなります。
本に触れて、自然と日本の文化などを知ることができると良いですね。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アメリカでの歯科医院での体験談

アメリカでの歯科医院での体験談

経験者にお話をお聞きしました。
運営部Y | 11 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

運営部Y 運営部Y

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く