2019年9月24日 更新

ストレスを感じやすい海外生活。どう解消する?

海外赴任先の環境に適応できず、または日本とは違う人間関係の形に戸惑い、心が疲れてしまう事があります。
そうなる前に、上手にストレスと付き合う方法を考えておきたいですね。
こちらでは、ストレスを感じやすい年代の統計と、ストレス解消法についてご紹介します。

ストレスを感じる世代は?

参考までに、厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査の結果(日本国内)を見てみると、

日常生活を送る上で、悩みやストレスがあるかどうかを尋ねると、(12歳以上の男女)
「ある」と答えた方が47.7%
「ない」と答えた方が50.7%となっています。

これらを性別にすると、男性は42.8%、女性は52.2%と、女性のほうが高い数値です。
年齢別に見ると男女ともに30代~50代が高くなっており、男性は5割、女性は6割の方が
何らかの悩みやストレスがあるとなっています。

海外赴任の対象となることが多い30代~40代は、最もストレスを感じやすい年代と言えます。
 (2150)

ただ単に「女性のほうがストレスが多い」ではなく「女性のほうが自分のストレスに対して敏感である」という風にも捉えることもできますね。

ストレス解消法をいくつかピックアップ

ストレス解消法

✔    入浴
✔    睡眠
✔    カラオケ
✔    読書
✔    ショッピング
✔    食事
✔    スポーツ(ヨガ、水泳など)
✔    料理
✔    ガーデニング
✔    写真
✔    お酒を飲む

ついついスマホを眺める時間が多くなりがちな今日ですが、ほどよく距離をとることで、過度に目や頭を使うことや、情報の取得によるストレスを軽減させることができます。

体を動かすこと、程よい休息と十分な睡眠も大切にしたいですね。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

運営部Y 運営部Y

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く