2019年9月24日 更新

【オランダ手記】オランダと日本の節電意識の違い

節電への意識改革

私がオランダに住み始めて1年が過ぎたころ、自宅に電気会社から年間電気使用量についてのレポートが届きました。

「お宅、3人家族にしては電気使いすぎですよ。」というものでした。オランダの平均水準だと5人家族分より多いらしい。私としては、どちらかと言うと「リビングの明かりが足りない」と思って生活していたので、この結果は意外でした。

そこで、自分の生活を振り返ってみると・・・。

朝、薄暗いからつけた電気を昼過ぎまで付けっ放しにしてる事も多く「明るくなったから消そう」と気にかけてなかったり。夕方、また暗くなってきて一度電気をつけた場所は例えばキッチンに人がいなくなっても、夜寝るまで付けっ放しだったり。思い当たる節はいろいろありました。

これまで電気代が高いと気にしたことなかったので、恥ずかしながら、そもそも電気をこまめに消すという習慣が身についてない!!という事に気がつきました。

これを機に、どこまで改善できるのか節電生活を頑張ってみようかなと思いました。

とはいえ、エアコンもなくテレビもほとんど見ない我が家で、たとえ電気が付けっ放しだったとして、5人家族の電気使用量だなんて…オランダの節電生活はかなり意識が高いようです。
2 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ネコ娘の母 ネコ娘の母

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く