2019年9月4日 更新

荷物に入っていませんか?日本の家畜を守るためにも、肉製品を持ち込まないようにしよう。

日本で豚コレラの発生が確認されています。

昨年、日本では26年ぶりに豚コレラが確認されました。
今現在、岐阜県をはじめ6府県で確認されています。

豚コレラ発生の原因の一つではないかとみられているのが、海外からの肉製品の持ち込み。
「商用ではない」「自分で食べる量だけ」などの理由で持ち込まれた肉製品に付いたウィルスが、何らかのルートで野生のイノシシに感染した可能性もあるそうです。(野生のイノシシから豚に感染)

豚コレラは人間には感染しません(もしその肉を食べたとしても大丈夫)が、感染が確認された家畜は市場に出すことはなく、殺処分の対象に。

今年の4月22日から、海外からの、肉製品の違法な持ち込みへの対応が厳格化されました。
家畜伝染病予防法により、輸入検査を受けずに畜産物を持ち込んだ場合には、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。
肉製品の他にも、対象となる製品はこちらからチェックできます。
日本の家畜やイノシシを守るためにも、また、他の病気を持ち込まないためにも、肉製品の持ち込みに関して敏感になりたいものです。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

現地の最新の安全情報メールを無料で受信できる「たびレジ」。海外への渡航を前に、登録してみました。

現地の最新の安全情報メールを無料で受信できる「たびレジ」。海外への渡航を前に、登録してみました。

外務省から最新の安全情報メールを無料で受信できる「たびレジ」のご紹介です。
運営部Y | 5 view
香港のデモ 現地で心がけてほしい8つのポイント

香港のデモ 現地で心がけてほしい8つのポイント

TOCEAN運営部からのお知らせです。
運営部Y | 11 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

運営部Y 運営部Y

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く